マイカーローンとはどういうものなのか

よく聞くマイカー・ローンですが、どんなものでしょうか?自家用車を買う際に利用できるローン(分割払い)をさしています。しかし、その名称は金融機関によって異なります。例えば「自動車ローン」「オートローン」、そして「カーローン」など、呼び名は多岐にわたります。

 

かつて同種のローン申し込みは、新車を購入する際にカーディーラー経由でなされてきました。しかし最近は銀行・信用金庫など金融機関がマイカー資金の融資分野にも進出したため個人向けマイカーローンも選べる時代になりました。仮に購入時に資金が多少足らなくとも、マイカーローンによる月賦払いを利用すれば新/中古車の獲得が可能になったのです。

 

マイカーローンのあゆみ

もともと、1920年代米国ゼネラルモーターズ、クライスラーらがローン形式の支払いを導入したことによりマイカーローンが広まったとされています。そして、このマイカーローンが適用されることで、中・高級車の購買層に低所得家庭が加わりました。

 

かたや日本では車が他の耐久消費財と比べ高嶺の花だったせいで大衆車の売り上げが伸び悩んでいましたが、1960年代に現在の日産自動車であるプリンス自動車がマイカーローンを導入し、割賦での購入が可能になりました。以降、新車だけでなく中古車向けのローンも導入された後、市場に信販会社などが参入を始めました。今ではあらゆる金融機関によるマイカーローン商品が用意されています。

 

マイカーローンの種類

 

マイカーローンの種類は、預金金融機関によるもの、信販会社によるクレジット型のものに大きく分けることができるでしょう。

 

預金金融機関によるマイカーローン

銀行など。預金機関によるマイカーローンです。預金機関が申し込む購入者を審査し、ローン利用が可能と判断した場合に契約締結となります。締結後、マイカーの購入資金を融資金として預金機関が契約者の預金口座に振り込みます。

 

自動車購入者は、その預金口座から車の代金を自動車販売会社/カーディーラーに支払います。そしてそれ以降は口座振替を利用し、借入先である預金金融機関に返済していきます。ノンバンク系や信販会社と比較すると金利が低く、ローン利用による経費をかなり節約できるのが大きな魅力のひとつです。

 

ただし、カーディーラーなど車を売却するサイドが預金金融機関からのローン申し込みに関わることはほぼありません。ですから申し込み手続きを自分ですべて行わなければならないこと、またノンバンク系に比べて審査が厳しいということも難点といえるでしょう。

 

 

信販会社によるマイカーローン

ノンバンクである信販会社、自動車会社系列のファイナンス会社によるマイカーローンです。ローンの形式自体はショッピングクレジットに非常に似ており、信販企業によって申し込み者を一通り審査した後、自動車購入代金を立替えるかたちになります。

 

代金の立替えにより契約が成立となり、それ以降自動車購入者が信販会社に対し、融資金額を分割で返済していきます。

 

預金金融機関によるマイカーローンと比較したとき、いくらか審査が通りやすいところ、そして自動車販売サイド(カーディーラーなど)と予め提携されているケースが多い点から煩雑な手続きの殆どを販売サイドが代行するところが魅力といえるでしょう。

 

一方、金利については預金機関が取り扱うマイカーローンよりも高いため、全体支払い額が高くついてしまう点が考慮すべきデメリットといえるでしょう。

おすすめのフリーローンはこちら

 

 アコム



利用可能金額は1万円〜800万円まで

利息は利用日数分だけで、返済も安心
ネット、近くのATM、どこでも借入れ、返済可能!
最短30分で審査がわかる。さらに即日振り込みも!

公式サイトへ


 


 プロミス



取引はインターネットで完結

頼れるマネーアドバイザーのサポート
選べる8種類の申し込み方法
うれしい、30日間無利息!!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。

公式サイトへ


 


 SMBCモビット



電話連絡、郵送物なしの「WEB完結」申込!

だから、利用開始までスピーディー
会員数約43万人、信頼のブランド
全国の銀行、コンビニATMで利用可能!

公式サイトへ


 


>>人気ランキングを全て見る